先週(2019/11/9〜10)の競馬振り返りと年間収支(回収率)

先週の振り返りをするとともに、競馬で勝っただけ馬券をupする信頼性が全くない予想家が多いので私はそうならない様に、年間収支を随時上げることにします。

まずは先週の振り返り(重賞含む)から実施します。

11/9(土)〜11/10(日)の振り返り

結果としてはダメダメでした。。。

11月10日のエリザベス女王杯ですが、以下最終予想しました。

◎6番クロコスミア⇨2着

○11番ラヴズオンリーユー⇨3着

▲5番ポンデザール

△2番ラッキーライラック⇨1着、4番ウラヌスチャーム、8番クロノジェネシス、12番センテリュオ、16番スカーレットカラー

エリザベス女王杯の予想記事

結果として△⇨◎⇨▲で決まったかつ、クロコスミアから幅広く買うことを想定していたので、予想としては悪くないですが、ラッキーライラックを最終を軽視してしまっていたので、馬券を当てることはできませんでした。(後述する勝負レースであった武蔵野ステークスがあたっていれば、エリザベス女王杯も手広くいけたのかもしれませんが、タラレバです。。。)

1着だったラッキーライラックは距離不安視していましたが、鞍上の完璧な騎乗もあり、内枠で距離ロスすることなく直線を迎えられたので、最後の直線で末脚が爆発しました。

本命として印を売った2着クロコスミアは想定通りマイペースで運ぶことができ、結果2着を粘ることができました。3着の1番人気ラヴズオンリーユーは休み明けが響いたのか好位を追走しながら、直線伸びを欠き、今後の取捨選択が悩ましい馬ですね。。。

11月9日の武蔵野ステークスですが、前有利を見込んで、◎ドリームキラリ、○マジカルスペルと予想するも、結果前がかなり早くなり展開テン5F58.6のハイペースになり結果後ろから差す馬同士のレースになってしまいました。自信のあるレースであったのですが、申し訳ありません。。。

武蔵野ステークスの予想記事

展開読みが外れた時点で、当たる訳もないので、展開読みすることの重要性は言うまでもないですね。。。反省します。ではなぜそこまでHペースになってしまったのか、展開読みが外れたのか考察したいと思います。

まず一つ目の理由としてはエアアルマスが好スタートとし、内訳で砂を被りたくなかったため

テンから出していってしまったことです。エアアルマスは砂を被ることを極端に嫌う馬ですので、内枠に入った時点で先行して被らない位置を取りたかったのだと思いますが、結果逃げに転換しようとしましたが、逃げ馬のドリームキラリと先行争いをすることでハイペースを演出してしまいました。

二つ目の理由は、サンライズノヴァ、マジカルスペルが果敢に先行争いに参加したことです。

マジカルスペルは砂を被らない外目を追走したい馬なので、ある程度先行することは予想できましたが、サンライズノヴァがガシガシ先行することは想像できませんでした。前走地方で先行することで好走したことで、味をシメ前走の再現を狙ったのだとは思いますが、、、。

結果自信があった本命にした◎ドリームキラリは残るはずもなく、○マジカルスペルとともに馬群に沈みました。。。

ただし差し競馬になったとしても2着のタイムフライヤーの好走は納得できるものの、1着のワンダーリーデルは軽視していたので、完敗とも言えるレースでした。。。

一番強い競馬をしたのは59キロを背負いながら果敢に先行して一旦先頭に立ったサンライズノヴァだとは思いますが、印を打ったドリームキラリ、マジカルスペルあたりも今後のペース次第では十分に巻き返す可能性を持った馬だと考えます。

次に11/10の福島記念です。

11/10(日)福島記念の予想記事

本命は1着のクレッシェンドラヴを指名し、買い方もクレッシェンドラヴから広く流すことを推奨し2着ステイフーリッシュ、3着ミッキースワローも△で相手として入れていたため、予想としては悪くないのですが、私自身としては相手が人気馬が来ることを嫌い、結果外れてしまいました。。。

最後に2019/11/10時点の2019年度回収率をのせておきます。最近絶不調で回収率を落としていますので、何とかして巻き返したいと考えています。

今年の収支目標は最低でも110、できれば115%を狙っているため引き続き研究を重ね、当てていきたいと考えます!!

ブログランキングを見る

ブログランキングに参加しております。
よろしければポチッとお願いします。

競馬ランキング

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする