競馬副業サラリーマンの回収率を高くする、負けないレースの買い方

中央競馬では最低でも1〜2場、最高だと3場レースが開催されており、1場あたり12レースあるため、合計だと24レース〜36レース1日に開催されております。

競馬的中率は良い方でも3割程度ですから、全レース行うと財布は当然スッカラカンになります(笑)そこで今回は競馬における、負けないレースの選び方についてお話しします。

下記を意識するだけで外れる可能性を防ぎ、結果長い目で見たら回収率を大幅に改善することができると思いますので、是非参考にしていただけたらと思います。

重賞のレースばかり買わない

皆様の方に重賞のレースが好きで重賞ばかり賭けているという方は多いのではないでしょうか。確かに重賞だと強い馬が勢揃いでしょうし(グレードが上がるなら尚更)、知っている馬が多いでしょうから賭けたくなる気持ちも分かります。ただそれって本当に狙っていたレースなのでしょうか?強い馬が出てるからワクワクして賭けているだけではないでしょうか。

競馬で勝つための条件として、期待値の高いレースにのみ賭けるというのが必要になります。期待値の高いレースというのは、前々から狙っていた人気のない馬の様な実力と人気が伴っていない馬を狙うべきなのですが、重賞にその馬は出ていますでしょうか?

負けてもいいから競馬を楽しみたいという方であれば重賞ばかり買ってもよいかと思いますが、そうでない限り出走する馬達が強くて有名だから買うのではなく、期待値の高いレースを買う様にしましょう。勝負レースではないけれど、どうしても重賞に賭けたいという方は事前に大勝ちしているか、それとも100円だけ買うなどメリハリをつけましょう。なお期待値が高いレースに該当する具体的な条件は別途記事に上げたいと思います。

ただ重賞にものすごく狙っていた馬がいて、その馬が期待値の高い馬だったら例外となるので、大いに賭ける価値はあると思います。

新馬戦は買わない

新馬というと、将来有望な馬がいるワクワクする様なレースではありますが、全頭全く走った馬が一斉に走るので、本当に走るのか賭ける時点で証明できるものがないため、賭けるべきではないと考えます。

血統にものすごく詳しく、血統面から買ったとしても血統が良いだけで、走らないことなんてザラにあります。また調教がよかった、パドックで馬体がよかったといっても走らないことなんてザラにあります。

新馬戦は結果的に馬の実力差が相当離れていても一緒に走ることになるため、新馬戦を当てるのが得意な方も中にはいますが、走ったことがない未知な馬達に対して期待して賭けるのは回収率を上げることを目指す上ではNGと考えています。

なお未勝利戦は一回走っているのである程度能力が見えてきている部分はありますが、ひと叩きしてガラッと変わる馬がいるので、各馬の能力を見定める意味では、少し証拠が足りないため、控えるべきです。そして馬場傾向を読むには未勝利戦が多く組まれているAMのレースを見て、午後に向けて戦略を考えるべきです。

スポンサーリンク

雨の日は買わない

雨が降ってると、馬のポテンシャルを発揮できない実力馬が多く出ます。また逆に雨を得意とする馬も出てきます。

過去の傾向から重馬場を得意とする馬を狙うやり方もありますが、馬場が悪すぎると走れなくなったりするので、その理論も通用しなくなりますので、基本雨の日は買わない方が良いと考えています。逆に大雨が降って実力出せなかった馬をピックアップしておき、次走大きく張るというのは作戦として大いに有効だと思います。

狙うレースは良馬場のPMの1レース〜3レースのみ(不用意に競馬に参加しない)

以下の理由からPMのレースをおススメします。

・AMのレースを確認することで、先行有利な馬場なのか外差し馬場なのかある程度馬場傾向を読みやすい(途中から雨が降ったりしない限り、馬場傾向はAMから基本持続する)

・新馬/未勝利と違い、馬自体ある程度レース数をこなしているので、各馬がどんな特徴があるのか見定めるやすい

・レースが終わった後も、後続のレースが複数残っているため、例え外したとしても勝負レースがもう一つある場合にリカバリ可能(当たれば賭ける予定のなかった重賞レースで遊ぶことも可能、ただし勝負レースが無ければそこでその日の競馬は終了すべき)

1日1レース〜3レースと言っているのは、基本競馬は当たらなく、どんなに当たる人でも的中率3割程度なので、自信のある期待値の高いレースに賭ける様にしてください。自信のあるレースを絞ったとしても、的中率は5割あれば素晴らしい方だと思いますので、一日ダラダラと賭けつづけても、たまたま最終レース等で取り戻すこともありますが、長期的な視点に立つと破綻し回収率上げる方法にはなり得ません。

まとめ

雨が降っていない、重賞に関わらず自信のある午後以降の勝負レース1〜最大3レースのみ選択する様にしましょう。負けたら取り返そうとするのではなく終わり(ココが精神的に難しい所かもしれませんが、、)としましょう。

ブログランキングを見る

ブログランキングに参加しております。
よろしければポチッとお願いします。

競馬ランキング

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする